マンチェスター・シティ所属カイル・ウォーカーのプレースタイル!イングランド代表

イングランド・プレミアリーグ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はマンチェスター・シティ所属で、イングランド代表ディフェンダーのカイル・ウォーカーを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/418529.htmlhttps://www.transfermarkt.com/kyle-walker/profil/spieler/95424 )

スポンサーリンク

カイル・ウォーカーの経歴

カイル・ウォーカー(Kyle Walker)は1990年の5月に、イングランド(イギリス)のシェフィールドで生まれました。H・マグワイアとかもシェフィールド出身ですね。

ウォーカーはそのキャリアを地元シェフィールド・ユナイテッドのアカデミーから始めました。2008-09にシェフィールド・Uでトップデビューを果たします。

ただ、リーグ戦2試合に出場した後すぐにノーサンプトン・タウンへ期限付き移籍することに。2009-10はシェフィールド・Uに復帰して、リーグ戦26試合に出場

20010年2月にトッテナムへ移籍します。ただ1年半の間はQPRやアストン・ビラへはたも期限付き移籍して武者修行。

2011-12からようやくスパーズ(トッテナム)でプレー。初年度からプレミアリーグ37試合に出場して存在感を発揮します。

2012-13もプレミアリーグ36試合に出場。負傷離脱した年もありましたが、2015-16と2016-17は2年連続リーグ戦33試合出場とスパーズで主力として活躍。

2017-18からマンチェスター・シティに加入します。能力に比べて移籍金が高すぎるのではないかという声も当初はあったような。

ただウォーカーはすぐにシティで存在感を発揮していきました。加入した2017-18からプレミアリーグ32試合に出場し定位置を確保。

イングランド代表にはU-19から召集されています。A代表の主要大会はEURO2016から出場しています。2018ワールドカップではイングランドのベスト4進出に貢献しました。

スポンサーリンク

カイル・ウォーカーのプレースタイル

守備でハードに戦える大型SB

そんなカイル・ウォーカーのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。本職が右サイドバックです。利き足は右

一列前めの右ウイングバックにも対応しますし、ディフェンス中央のセンターバックもできます。このポジション適性の広さは良い感じですね。

ウォーカーの身長は183センチです。サイドバックとしてはなかなかのサイズがあります。その上けっこうガッチリした体格をしていますね。

このフィジカル能力を生かした強く当たれるディフェンスはウォーカーの特徴です。小柄なサイドバックにはない迫力がある守備を見せてくれます。

特に肩でのぶつかり合いには優れたタフネスを感じます。スピードをつけて相手に向かっていく球際の激しさもウォーカーならでは。

また、守備時の空中戦にも強いのは嬉しいですね。相手選手と身長差があるサイドバックだと、サイズのミスマッチを狙われる可能性がありますから。

攻守で優れたスピードを発揮

見た目にも体格が良いウォーカーですが、身体能力にも良さがあります。スプリントした際のスピードはかなりの速さがありますね。

ウォーカーは攻守の両面でスピードをいかんなく発揮しています。守備でのカバーリングの早さは、相手のカウンター攻撃の際にその芽を潰すのに一役買っていますね。

攻撃においては、好機とみると猛ダッシュでオーバーラップしてボールを受けます。フリーでボールを受けるのも上手なイメージがあります。スピードのおかげですかね。

また、ドリブルでの推進力も良い選手です。フリーでボールを受けるだけでなく自らボールを持って運ぶことができると、味方の動きにも幅が出ます。

↓猛ダッシュからのスーパークリア。すごすぎて笑ってしまった。

クロス精度の高さも持ち合わせる

ウォーカーはスピードを生かして敵陣の深い位置まで進入することができます。そこからゴール前に送るクロスボールも質が高いです。

単純に右サイドの張った位置からもクロスを入れてきますが、前への推進力があるウォーカーは時折ゴール付近まで近寄ってから速いシュート性のクロスも入れてくる印象があります。

クロスが良いから蹴らせたくない、けど間合いを詰めすぎるとドリブルで突破を試みてくる。ウォーカーと対峙する時は集中力を欠いてはいけませんね。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はマンチェスター・シティ所属で、イングランド代表カイル・ウォーカーのプレースタイルなどを紹介しました。

年齢的にも脂がのっているウォーカーは、今が全盛期ではないかなと思います。2018-19はシティで国内タイトル3冠を達成しました。

2019-20はチャンピオンズリーグ優勝を狙っているでしょう。ウォーカーの攻守へのスプリントに期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!