リバプール所属ロベルト・フィルミーノのプレースタイル!ブラジル代表

イングランド・プレミアリーグ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はリバプール所属で、ブラジル代表FWのロベルト・フィルミーノを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/419552.htmlhttps://www.transfermarkt.com/roberto-firmino/profil/spieler/131789 )

スポンサーリンク

ロベルト・フィルミーノの経歴

ロベルト・フィルミーノ(Roberto Firmino)は1991年の10月、ブラジルのマセイオで生まれました。ブラジル東部の海沿いの街ですね。

フィルミーノが最初に所属していたのはCRBという地元チームで、そこからフィゲイレンセFCに移籍。2010年にそこでトップチーム登録を果たします。

ただ定着はしなかったようで、トンベンセFCへの移籍や期限付きで戻って来たりを繰り返します。そんな中で2011年1月、ドイツのホッフェンハイムに移籍。

トップチームデビューしてから1年でドイツの1部リーグへ行ったわけですから、チームの出入りを繰り返しながらも注目されていたことがわかりますね。さすがロビー。

加入2年目の2011-12は、ブンデスリーガ30試合に出場し7得点を上げます。以降は主力に定着し、2013-14なんかは33試合16得点と素晴らしい活躍。

2015-16からイングランドのリバプールへ加入します。加入したシーズンからプレミアリーグ31試合で10得点とドイツ時代と変わらない能力を発揮。

その後も毎年30試合以上2ケタゴールを記録していますからGREAT。2017-18は初めてチャンピオンズリーグの決勝まで進みます。結果は惜しくも準優勝。

2018-19はプレミアリーグそ惜しくも2位でしたが、チャンピオンズリーグで前年の雪辱を果たし優勝を達成しました。

ブラジル代表においては、主要大会への参加はコパ・アメリカ2015からです。同2019年大会では全試合に出場。2得点3アシストと文句なしの活躍を見せました。

パラグアイ戦でPKを外した時は本人も「やべっ」と思ったでしょうが。ブラジルがトーナメントを進むごとに上げていった完成度は見事でした。

スポンサーリンク

ロベルト・フィルミーノのプレースタイル

ピッチを駆け回る攻撃の潤滑剤

そんなロベルト・フィルミーノのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。中央のセンターフォワードを主に務めます。利き足は右

フィルミーノの身長は181センチです。なかなかのサイズがありますが、彼は身体を張って味方にボールを落とすような基準点の仕事よりもテクニカルな動きを好みますね。

フィルミーノのプレーは神出鬼没で、いろいろな場所に顔を出します。サイドに流れたり低い位置に下がって攻撃の組み立てに参加したり。

チームの状況と相手のポジションを見て入り込む場所を判断する、サッカー頭脳に優れた選手だと言えるのではないでしょうか。

低い位置をとるときは中盤まで下りてきて、ディフェンダーからボールを引き取ってパスを散らします。中央を空けて、サイドの選手が入る場所を作ってあげるのが上手い。

サイドに流れるときもウインガーとポジションを入れ替えます。これだけ自由に動かれると、相手のマークの受け渡しもズレやすいですよね。

もちろん中央でポストプレーもこなします。フィルミーノはボールキープも上手なので、ボールを持っても相手に奪われずに時間を作ることができます。

そして動いた味方にパスを供給するわけですが、フィルミーノは攻撃のスイッチを入れてテンポを変えるのがこの上なく上手です。

フィルミーノはワンタッチのパスも得意にしていて頻繁に繰り出してきます。ボールを受けてダイレクトで味方に繋ぐので、おのずと攻撃のテンポが上がりますね。

反対にわざと遅らせてタメを作ってからパスを出すこともあります。味方が良い位置に移ってからパスを出すので、受ける味方も次のプレーが非常にしやすいです。

フィルミーノがピッチ上にいるのといないのでは、攻撃のスムーズさがまったく異なります。交代出場してからすぐにゲームが動くことも少なくありません。

↓こんな超絶技巧で決定機を演出。

シュートシーンの決定力もさすが

攻撃における潤滑剤のように味方を生かす動きが上手なフィルミーノですが、もちろんシュート技術も高いです。

足下の技術に自信があるからなんでしょうが、相手ディフェンダーやキーパーの動きを見極めてコースを狙ったシュートが上手な印象です。

弾丸シュートなどのインパクトがあるゴールよりは、フィルミーノらしい広い視野と冷静さを生かしたゴールが多いと言えるのかもしれませんね。

一方でフィルミーノはたまに遊び心のあるシュートを打ちます。イージーショットの際にボールを見ず、ノールックでゴールを決めるのはブラジル人らしいプレーだなぁと感心しますね。

加えて、フィルミーノのシュートに技術の高さが感じられたのが味方のグラウンダークロスをゴール前で押し込むシーンです。

グラウンダーのパスは小さくバウンドしている場合があり、ダイレクトでシュートを狙うと大きく浮かしてしまうミスを意外としやすいです。

にもかかわらずフィルミーノはダイレクトでチップキックのようにボールを軽く浮かし、キーパーが伸ばす手にボールが引っ掛からないようにシュートを打てます。

キックの技術に絶対の自信がなければ到底できない芸当です。

守備もサボらない献身性

これだけ技術が高い選手のフィルミーノですが、さらに守備での貢献度も高いです。チームへの献身性ですね。

彼は相手のディフェンダーやキーパーに積極的にプレスをかけます。ボールを奪えれば御の字、そうでなくてもミスが起きやすいですから、味方ディフェンダーは助かりますよね。

なおかつ、相手チームの攻撃の中心選手へボールが渡らないような立ち位置をするのも上手です。

攻撃でも守備の際も動き回るフィルミーノですから、スタミナをつけるためのフィジカルトレーニングは徹底しているんでしょうね。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はリバプール所属で、ブラジル代表ロベルト・フィルミーノのプレースタイルなどを紹介しました。

今やリバプールの攻守の柱になっているフィルミーノ。2018-19は終盤に負傷があってシーズンの佳境で欠場がありました。本人もフルで戦いたかったでしょう。

2019-20は怪我なく過ごしチャンピオンズリーグ連覇やプレミアリーグ優勝を成し遂げてもらいたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!