ドルトムント所属エムレ・ジャンのプレースタイル!ドイツ代表

GER

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はドルトムント所属で、ドイツ代表ミッドフィルダーのエムレ・ジャンを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元:https://www.soccer-king.jp/player/article/416108.html https://www.transfermarkt.com/emre-can/profil/spieler/119296)

スポンサーリンク

エムレ・ジャンの経歴

エムレ・ジャン(Emre Can)は1994年の1月に、ドイツのフランクフルト・アム・マインで生まれました。名前からも想像できるように、ルーツがトルコにあり国籍も所持しています。

メディアによっては「ジャン」ではなく「カン」という表記もなされています。ここでは管理人がより一般的だと思っている「ジャン」で統一します。

ジャンは地元チーム、アイントラハト・フランクフルトのユース出身です。2009-10にバイエルン・ミュンヘンに移籍しています。当初は育成カテゴリーへの加入でした。

2012-13にバイエルンでトップデビューしますが出番は少なく、2013-14にはレバークーゼンへ完全移籍。そこではブンデスリーガ29試合に出場と活躍します。

2014-15からイングランドのリバプールへ移籍。1年目からプレミアリーグ27試合に出場すると、2015-16は同30試合とヨーロッパリーグ14試合に出場しており躍動しました。

2018-19にイタリアのユベントスへ加入します。1年目こそセリエAで29試合プレーしていますが、2年目の2019-20は出場機会が減少。

2019-20冬の移籍市場でドルトムントにローン移籍しました。その後、完全移籍でドイツに帰還することに。

ドイツ代表にはU-15からコンスタントに招集されています。A代表の主要大会ではEURO2016から出場。

E・ジャンのプレースタイル

守備意識が高い働き者

そんなエムレ・ジャンのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。本職は下がりめの守備的ミッドフィルダーです。利き足は右

さらに最終ラインに入ってセンターバックにも対応するところは見逃せないポイントですね。そこからもディフェンスへの意識が伝わってきます。

ジャンの身長は184センチです。中盤としては十分なサイズがありますし、センターバックとしても不足があるわけではありません。

そういったサイズもそうですし、ジャンは接触プレーにも強い屈強なフィジカルを有しています。胸板もけっこう厚めの印象ですね。

彼の持ち味はフィジカルを生かしたハードなボール奪取です。身体ごと相手にぶつけてボールを止めるタフさがセールスポイント。

球際が激しく、ショルダーチャージは迫力があります。止めなければいけないシーンでは、ファウル覚悟で思い切りガツッと当たっていくことも珍しくありません。

また、体格だけでなく行動範囲の広さも魅力です。中盤に求められる豊富なスタミナだけでなくスピードもまずまずあるので、前に出ての潰しも後方へのカバーも良い味を出しています。

ドリブルの推進力がある

守備意識が高いジャンですが、攻撃時には思い切ってボールを持ち運ぶ積極性を見せることもあります。ここでも行動範囲の広さがあらわれています。

際立ったボールテクニックがあるということではないと思いますが、フィジカルコンタクトへの強さを生かしたドリブルはかなり止めづらいでしょう。

後方に構えているだけでなく自らボールを持ちあがることで、攻撃のアクセントにもなります。相手のマークもズレやすいですし、有効なプレーですね。

パス展開力はまずまず

フィジカルに特化した汗かき役のジャンですが、ボールの繋ぎに関しても無難にこなしてくれます。長短のパス精度も悪くありません。

前線へ際どいスルーパスを入れられるクリエイティブなタイプではないでしょうが、配球の安定感という観点では十分なものを持っています。

彼自ら相手陣内の深い位置に入っていくことがありますし、味方に使ってもらうプレーができるので問題なしと管理人は考えていますがいかがでしょう。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はドルトムント所属でドイツ代表、エムレ・ジャンのプレースタイルなどを紹介しました。

2019-20冬の移籍市場でドルトムントにローン移籍し、ジャンはさっそく完全移籍を勝ち取りました。母国で長く活躍してくれるのではないでしょうか。

ドルトムントは2010年代初頭にリーグ2連覇を達成してから、長らくマイスターシャーレから遠ざかっています。奪還に向けてジャンにも奮起して欲しいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



GER ボルシア・ドルトムント
芝の上の決闘~ガンマン達を見逃すな~