チェルシー所属タミー・エイブラハムのプレースタイル!イングランド代表

ENG

この記事でわかること

今回はチェルシー所属で、イングランド代表フォワードのタミー・エイブラハムを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/632845.htmlhttps://www.transfermarkt.com/tammy-abraham/profil/spieler/331726 )

スポンサーリンク

タミー・エイブラハムの経歴

タミー・エイブラハム(Tammy Abraham)は1997年の10月に、イギリス(イングランド)のロンドンで生まれました。二階建てのバスで有名ですね。

エイブラハムは2004年からチェルシーのアカデミーに在籍しています。筋金入りのロンドンっ子だと言えるのではないでしょうか。

2014-15にチェルシーU-18へ昇格しています。2014-15はユースリーグで11試合に出場して4得点。2015-16は18試合で9得点を記録しています。優れた得点力ですね。

なお2014-15と2015-16にわたって、ユースカテゴリーのUEFAコンペティションとFAカップを2冠×2連覇しています。後者のシーズンはトップチームでも出場歴あり。

2016-17はブリストル・シティへローン移籍します。そのシーズン、2部リーグのチャンピオンシップでは41試合に出場して23得点を記録。

その後もシーズンごとにローン移籍で武者修行を繰り返します。2017-18はスウォンジー、2018-19はアストン・ビラへ。

2018-19はチャンピオンシップ37試合に出場して25得点という成績を残しました。2019-20からチェルシーに復帰。ようやくトップチームで活躍する機会が巡ってきましたね。

イングランド代表にはU-18から招集されています。A代表ではEURO2020の予選から出場機会をゲット。期待のヤングスターです。

T・エイブラハムのプレースタイル

サイズと力強さがあるFW

そんなタミー・エイブラハムのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。本職は中央のセンターフォワードです。利き足は右

その他、左右のウイングでもプレー可能です。適性の幅は魅力ですが、サイズを考えても真ん中がしっくりくるような気がします。

エイブラハムの身長は191センチです。ゴール前に陣取って高さ勝負するにしても、サイズは文句なしのものを持っていますね。

さらに、細身にも見えますがユニフォームの下には立派な筋肉を備えているのか接触プレーにも耐性があります。やっぱり中央で使いたくなります。(個人的に)

当然、このフィジカルを生かした空中戦の強さはエイブラハムの武器です。大きいだけでなく身体能力にも優れた選手なので、ジャンプ力もありますね。

また、彼が強さを発揮してくれるのはゴール前に限った話ではありません。

ある程度低い位置に下りてきてポストプレーも積極的にこなすのが良いですね。味方後方からのロングボールを、背中で相手選手をブロックしながら足下でキープしてくれます。

エイブラハムのボールキープはかなり強さを持っていますし、ヘディングで近くの味方にボールを落とすのも有効です。

エイブラハムでワンクッション置くぶん味方が動く時間を作り出せますし、相手の注意を自分に引き付ける効果もありますね。

↓足下でおさめて、冷静にシュート。

よく動けるのも大きなポイント

空中戦で跳躍力を発揮しているエイブラハムですが、彼はスピードにも特徴を持っています。190オーバーの身長に加えてスプリントもできるのはアドバンテージになりますね。

エイブラハムはスピードを持った裏抜けも得意にしており、特に早いカウンター攻撃でそこが生きます。前線へのロングボールに走って追いつきチャンスに繋げられますな。

そのままゴール前まで進入すれば落ち着いたコントロールショットを見せてくれます。彼はシュート技術も良いものを持っていますね。

もちろん、ゴール前まで単独で行けない時でも強さを生かしたボールキープが彼にはあります。強さと速さがあるフォワードが前線にいるとチームの攻撃に幅が出ます。

ピッチを幅広く使う

エイブラハムが動けるタイプで、低い位置にも下りる選手だということは前述のとおりです。加えて彼はサイドへ流れることも多いと言えます。

左右のウイングでプレーできることも影響しているのでしょうか。サイドに流れてボールを受け攻撃の起点を作ることができますね。

さらに相手のディフェンス陣で誰がマークに付くか混乱を引き起こしたり、センターバックを釣り出したりすることも期待できます。

空いた中央のスペースにサイドや中盤の味方が入ってくると、なおさら相手は守りづらいです。動けるセンターフォワード、良い味出してます。

今回のまとめ

今回はチェルシー所属でイングランド代表、タミー・エイブラハムのプレースタイルなどを紹介しました。

チャンピオンシップでの武者修行を終えてチェルシーに復帰したエイブラハムには、2019-20開幕前の補強を禁止されたクラブから大きな期待がかかっています。

F・ランパード新監督のもと、困難な状況下にあるチームを得点という目に見える結果で救い出すことができるか注目です。期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



ENG チェルシー
SOCCER道(さかみち)を歩こう!