ナポリ所属ファビアン・ルイスのプレースタイル!スペイン代表

ITA

この記事でわかること

今回はナポリ所属で、スペイン代表ミッドフィルダーのファビアン・ルイスを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/503646.htmlhttps://www.transfermarkt.com/fabian-ruiz/profil/spieler/350219 )

スポンサーリンク

ファビアン・ルイスの経歴

ファビアン・ルイス(Fabian Ruiz)は1994年の4月に、スペインのロス・パラシオス・イ・ビジャフランカで生まれました。セビージャ市街の南にあります。

ちなみに間違えやすいですが、ファビアンはLuizでもLuisでもなく「R」uizです。ダビド・ルイスは最初、ルイス・スアレスは2番目ですね。

ファビアンは地元チーム、ベティスのカンテラで育ちます。そして2014-15にベティスでトップデビュー。リーガ2部で6試合、Bチームとしても3部で19試合に出ています。

その後はそれほど出場機会がありませんでしたが、2016-17冬の移籍市場でエルチェにローン移籍。すると半年間でリーガ2部の18試合に出場しました。

エルチェでの経験が生きたのか、ベティスに復帰した2017-18はラ・リーガで34試合に出場して存在感を発揮します。特に中盤以降は毎試合フル出場。

2018-19にイタリアのナポリへ移籍します。1年目からセリエAで27試合に出場するなど良い出来でした。欧州のカップ戦でも合計11試合プレーしています。

スペイン代表にはU-21から出場歴があります。A代表ではEURO2022の予選から出場しており、今後の躍進が期待されますね。

F・ルイスのプレースタイル

長身に似合わぬ推進力

そんなファビアン・ルイスのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。本職は中央のセンターハーフです。利き足は左のレフティー。

下がり目の守備的ミッドフィルダーよりは前めの位置で起用されることが多いようで、攻撃面での良さが光る選手ですね。

ファビアンの身長は189センチです。けっこうな長身ですが、フィジカルで押すよりもテクニカルな部分が魅力的なプレーヤーと言えるでしょう。

彼の特徴で目立つポイントは、長い脚を生かしたボールコントロールです。懐が深く、ボールを動かせる範囲が広いですね。

なおかつ、ボールをキープするだけでなくドリブルでの持ち運びも得意にしています。タメを作れるうえに推進力もある選手です。

ダッシュ力に優れているタイプの選手ではないので、トップスピードはそこまで速くないと思います。ただ、足技の引き出しが多い印象がありますな。

切れ味のある左右の切り返しやダブルタッチ、接敵している状態からのルーレットを繰り出してきます。ボールを持っていると何かをしてくれそうな期待感がありますね。

↓ルーレットなどの華麗な足技。

パスの展開力がある

ボールキープ能力に秀でたファビアンは、足下に余裕がある分だけ周囲の状況をよく見ているのでしょう。球足の長いパスも上手です。

そういった部分で長身が影響していそう。単純に高い場所からの方がよく見えますよね。中央から左右に展開を変えるロングパスは見ものです。

さらに、決定機に直結していくような浮き球のスルーパスをだすことも少なくありません。このあたりはスケールの大きさを感じさせますね。 

ミドルシュートが得意

ポジション柄、バシバシとシュートを狙っていく選手ではありませんが、ファビアンは前へのベクトルをしっかり持っている選手です。エリア近辺にも顔を出します。

もともと持っているキックの質が高い分、エリア内のこぼれ球を押し込むのが得意ですね。距離があっても枠内に持っていくシュート技術はかなりのもの。

大舞台での経験を重ねていき得点への関与数を増やしていくことができれば、展開力があるセンターハーフとして名を挙げていきそうな雰囲気があります。

↓浮き球をふかさない上手さ。

今回のまとめ

今回はナポリ所属でスペイン代表、ファビアン・ルイスのプレースタイルなどを紹介しました。

ナポリで存在感を示しているファビアンには、国外クラブからの高い関心も噂されています。一方でフィジカル的にプレミアとかはどうなのかな、と思ったりもします。

テクニックレベルは相当高いので、プレーする環境に合わせて技術面も肉体面も磨いていってほしいですね。代表での活躍も期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



ITA ナポリ
SOCCER道(さかみち)を歩こう!