C・ロナウドのすごさは大体こんな感じ!今さらだけどプレースタイルをご紹介

ITA

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はサッカー史に名を残すほどのフットボーラー、クリスティアーノ・ロナウドを記事にしたいと思います。今さらではありますが。

「ロナウドは点をすごい取る、すごい」「超人的だ」という評判を耳にすることは多いと思いますが、結局のところどの辺がすごいのか。「今さら人に聞けない」なんて人もいるのではないでしょうか。

管理人もただの素人サッカーファンなので「ボールを蹴る時の重心が~」などと小難しい説明はできませんが、最低限のロナウド情報はお届けできるかと思います。

彼にそこまで興味がない方にも、少しでも「ロナウドのプレーを観戦したくなった」と思っていただければ幸いです。

それでは、いざザックリとしたクリスティアーノ・ロナウドの世界へ。

(主な参考元:https://www.soccer-king.jp/player/article/416643.html https://www.transfermarkt.com/cristiano-ronaldo/profil/spieler/8198)

C・ロナウドの経歴

クリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)は1985年の2月にポルトガルはマディラ諸島のフンシャルで生まれました。距離的には本国よりモロッコの方が近いですね。

ロナウドは下部年代にマディラ諸島のCFアンドリーニャやCDナシオナルでプレー。その後、1997年にスポルティング・リスボンに加入します。

2003-04にイングランドのマンチェスター・Uへ移籍。ここで揉まれ、サー・アレックスの元で2006-07~2008-09のリーグ3連覇、2007-08のチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げます。

CLとプレミアリーグを制覇した2007-08はプレミアリーグで31ゴールを挙げる怪物のような得点力を発揮。

2009-10にスペインのレアル・マドリードへ移籍。CLは3連覇を含む4回の優勝を成し遂げ、2014-15にはラ・リーガ35試合で48得点を記録します。もはや理解不能の得点力。

2018-19にイタリアのユヴェントスへ加入しています。チームの転換期ということもあり、トロフィーの数という点では少し減った感はあるかもしれません。

ポルトガル代表にはU-15から出場。EURO2004決勝敗退後の涙は有名です。EURO2016にて、決勝で負傷交代するも念願の代表タイトルを掴みました。2017年に5回目のバロンドール受賞しました。

結局ロナウドの何がすごいか

驚異のフィジカルマシーン

そんなクリスティアーノ・ロナウドですが、ポジションはフォワード。現在では左ウイングに入ることが主になっています。利き足は右

他には2トップの一角に入ることも可能ですし、マンチェスター・U時代などは右のウイングを主戦場にしている選手でした。いずれ前線がしっくりくる人です。

ロナウドの身長は187センチです。けっこうな長身を有している選手で、この時点で彼をメッシと比較するのは無理があるような気が管理人はします。役割が違いますんで。

さて、本題の「ロナウドのすごさ」ですが、彼の身体能力とストイックさを抜きには語れないでしょう。彼は自分の能力を「作り上げている」と管理人は考えています。

かつてのチームメイトであるパトリス・エヴラ曰く「ロナウドの家には行くな」と。なぜなら練習帰りに遊びに行くと、チキンとサラダ、水という食事のあとに再び練習をし始めるからだそうです。

そこまでして練習に練習を重ねる、途中交代を嫌がり常に出場し得点を狙う。ロナウドは世界でも有数の負けず嫌いといえます。彼のオーバーワークを止められるのはジダン監督レベルのみです。

で、そこまでしてトレーニングを重ねるものですから彼のスプリント力に加速力、スタミナ、跳躍力は30代半ばを迎えても衰え知らず。肉体年齢は実年齢より10歳以上若いとのこと。

↓Take off.

↓若い頃ももちろん跳躍力十分。

どんな形でも得点にする

それくらいに驚異的な身体能力を持っている、否、作り上げているロナウドですから当然ヘディングの競り合いは強いです。屈強な身体は接触にも簡単には負けないでしょう。

それに加えて一瞬の加速力を持ち合わせているので、静止した状態から素早くボールを横にずらしてシュートといった俊敏性を活用したシュートパターンもアリです。

ロングスプリントもこなしてしまうので、速攻から自分でシュートまで持ち込むことも可能。ロナウドは思いつく限りほとんどのパターンでゴールを陥れることが可能です。

↓だってこんなの誰も予想しないでしょう。

常に全力のパワーショット

メッシとロナウドを比べたい人、けっこういるんです。シュートの上手さなら比較できそうな気もしなくはありません。いや、やはり難しいでしょう。

なぜなら、シュートのコンセプトが全く異なるからです。ロナウドはほとんどのシチュエーションでパワーMAXのシュートを打つのを好む選手です。枠に飛べばゴールインといった感じの。

メッシはコントロールショットが得意ですから全然違います。ロナウドはフリーキックも全力で蹴ります。壁に当たって失敗することも多いですが、ディフレクトしてゴールになることもあります。

また、ロナウドは目の前にスペースがあればどんどんミドルシュートを狙います。そのあたりは戦術の枠に縛られないという見方もできるでしょうか。

↓ローングシュートを得意にしています。

ゴール前に置きたい選手

無限の得点パターンを持っているロナウドは、かつて持っていたウインガー然としたイメージから進化してゴールハンターとしての色を濃くしています。

一方でゴールから離れた時のロナウドはどのような感じでしょうか。実際、時折低めの位置に下りてくることもあります。あまり頻繁ではありませんが。

ロナウドが中盤に下りて来る時というのは、これは管理人の偏見かもしれませんが攻撃が停滞している時が多い印象です。ボールが来ないから焦れて下りる、これが多い気がします。

一応、2014-15はリーグ戦で17アシストという数字を残していて味方を使うこともできそうな感じがしますが、この数字は恐らくゴール前での数字がほとんどでしょう。

低めの位置に下りても生きるリンクマン的な選手ではないので、ペナルティエリア付近でプレーさせたい選手と言うことができるのではないでしょうか。

逆に言うとロングボールでも放り込めば何とかしてくれそうな選手です。マドリー時代のK・ベンゼマのような絶対的な黒子がいると輝きが一層増しますね。

↓キレキレのウインガーだったマンチャスター・U時代。

スポンサーリンク

今回のまとめ

いかがだっでしょうか。今回はC・ロナウドのすごさを大体こんな感じだというのを、文章にまとめてみました。

彼のプレーを熱心に見るロナウドウォッチャーの方々の方が断然詳しいでしょうけれども、ロナウドビギナーの方には少しでも彼のすごさが伝わったと願いたいです。

マンチェスター・Uそしてレアル・マドリードで数多くのトロフィーを勝ち取ってきたロナウドは、2018年にイタリアを新天地に選びました。

ただ、ユヴェントスは丁度チームが変わる時期を迎えていました。アッレグリ監督、サッリ監督、ピルロ監督と次々指揮官が変わっています。落ち着いてプレーするのは難しいですね。

ロナウドが今後、期待されているような「違い」をチームにもたらしてユーヴェにとって久方ぶりのビッグイヤーを掲げられるか、注目して見たいところです。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!