ローマ所属クリス・スモーリングのプレースタイル!元イングランド代表

ITA

この記事でわかること

今回はローマ所属で、元イングランド代表ディフェンダーのクリス・スモーリングを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/417736.htmlhttps://www.transfermarkt.com/chris-smalling/profil/spieler/103427 )

スポンサーリンク

クリス・スモーリングの経歴

クリス・スモーリング(Chris Smalling)は1989年の11月に、イギリス(イングランド)のロンドンで生まれました。UKロック好きにはたまらん場所でしょうな。

スモーリングはキャリア初期、ローズウッドFCやミルウォールFCのアカデミーに所属していました。U-18まではミルウォールでプレー。

2006-07にメイドストーン・ユナイテッドへ移籍し、その後2008-09にフルハムへ加入します。

加入した2008-09はプレミアリーグで1試合のみに出場。2年目の2009-10は同12試合に出場したほか、ヨーロッパリーグでも4試合出場しています。

2010-11からマンチェスター・ユナイテッドへ加入しました。ユナイテッドが優勝した2010-11はプレミアリーグ16試合とチャンピオンズリーグ9試合に出場。

キャリアを重ねるうちにリーグ戦でも出場を増やして2013-14はプレミアリーグで25試合、2015-16は同35試合に出場しています。

それだけでなく優勝したFAカップには全試合にフル出場していますし、欧州のカップ戦でも主軸としてプレーしました。立派なもんです。

2016-17は怪我が多かったですが、2017-18は復調してプレミアリーグ29試合に出場し4得点を挙げています。

2019-20にイタリアのローマへローン移籍しました。H・マグワイアの加入などが影響したでしょうか。いずれ、ジャロロッシの頼もしいベテラン助っ人です。

イングランド代表にはU-20から招集されています。A代表の主要大会は2014ワールドカップから出場。EURO2016でも主力としてプレーしました。

C・スモーリングのプレースタイル

サイズと強さが際立ったCB

そんなクリス・スモーリングのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。本職は中央のセンターバックです。利き足は右

プラスして右サイドバックでのプレー経験もあります。中央が板についた今ではほとんど見られないとは思いますが。

スモーリングの身長は194センチです。サイズは世界規格で見ても大きく、ゴール前での存在感はかなりのものがありますね。

もちろん大きいだけでなくてパワーにも彼は優れています。この大きくてパワフルな部分はスモーリングのイチオシポイントです。

当然のように空中戦の競り合いはとても強いです。身体能力も良いスモーリングは高さがあるだけでなく跳躍力もある印象ですね。

単純にゴール前にクロスボールを入れるだけでは、スモーリングによってごく簡単に跳ね返されてしまうでしょう。

また、スモーリングは大きい身体のわりになかなか走れる選手です。そのためカバーエリアも広いです。無理がきく選手なんですね。

長い脚を有効に使ったスライディングは、相手ボールホルダーが想像している以上に遠くからでも伸びて届いてくるのではないでしょうか。

彼はロングボールを追った走り合いでも対人の強さを発揮しますし、相手のフォワードが縦パスを受けようとするところは彼がガツッと当たりにいきます。

スピードを上げて大男がぶつかってきますから、相手選手も簡単にはボールをおさめて攻撃の起点をなかなか作れないでしょうね。

得点の数もなかなか

前述のようにスモーリングは空中戦にとても強い選手です。もちろん味方のセットプレーでもターゲットになってくるでしょう。

ヘディングでのゴールがほとんどだとは思いますが、彼はディフェンダーとしてなかなかの得点力を持っています。

2014-15と2017-18はプレミアリーグで4ゴールを記録しています。得点パターンの確認は取れていませんが、フリーキックやPKっぽい選手ではないと思いますので頭では。

相手ディフェンダーも徹底マークするでしょうが、それでもゴールを奪うところにセットプレーの怖さを感じたりもしますね。

フィードの精度はまずまず

フィジカルな部分と身体能力に良さがあるスモーリングですが、足下の技術に関しては際立った特徴がないのではないでしょうか。

ロングフィードを頻繁にピタッと通せる感じではないと思います。自陣の後方でショートパスを無難にまわしていることが多い印象です。

逆に無骨な大男という感じの方が英国サッカーという感じがして、それはそれで管理人は好きです。もちろんキックが上手に越したことはないんですけれども。

今回のまとめ

今回はローマ所属で元イングランド代表、クリス・スモーリングのプレースタイルなどを紹介しました。

2019-20からローマに期限付きで加入したスモーリングには、2018-19を6位で終えたチームの立て直しへの貢献が期待されます。

ベテランならではの安定感やパワフルなディフェンスが彼の出せる味だと思いますので、守備の国イタリアでも持ち味を発揮してほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



ITA ローマ
SOCCER道(さかみち)を歩こう!