アタランタ所属ロビン・ゴセンスのプレースタイル!ドイツ代表

ITA

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はアタランタ所属でドイツ代表ディフェンダーの、ロビン・ゴセンスを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/645895.htmlhttps://www.transfermarkt.com/robin-gosens/profil/spieler/273132 )

スポンサーリンク

ロビン・ゴセンスの経歴

ロビン・ゴセンス(Robin Gosens)は1994年の7月に、ドイツのエメリッヒ・アム・ラインで生まれました。オランダとの国境付近にある街です。

ゴセンスはFCボホルトなどのユースを経て、2009年からVlFレーデに加入します。本人曰く、18歳までは週2回の練習しかしておらずプライベートも重視していたそう。

2012-13からオランダのフィテッセへ加入します。2013-14はリザーブチームのリーグ戦で6試合に出場。同シーズンの後半からFCドルトレヒトへ1年半の期限付き移籍をします。

ドルトレヒトでは2013-14の後半、2部リーグと昇格プレーオフで20試合に出場。2014-15にはチームが昇格し、1部のエールディビジで31試合に出場しました。

1部リーグでも通用する力を見せたゴセンスは、2015-16に完全移籍でヘラクレスへ加入。エールディビジにて、1年目は32試合と2年目は28試合に出場しました。立派。

2017-18にイタリアのアタランタへ移籍します。リーグの毛色が違いますので、1年目はセリエAで21試合出場とまずまず。

2018-19はリーグやチームにも適応してきたようで、セリエAで28試合に出場しています。

ドイツ代表にはアンダー世代での招集はありません。A代表には2020年のネーションズリーグから出場しています。どんどん呼ばれて欲しいですな。

R・ゴセンスのプレースタイル

敵陣深くにも進入するSB

そんなロビン・ゴセンスのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。本職は左サイドバックです。利き足は左のレフティー。

その他に中盤の左サイドで器用されることもありますし、キャリア初期には守備的ミッドフィルダーも務めていました。なかなかのユーティリティです。

ゴセンスの身長は184センチです。サイドバックとしては魅力的なサイズがありますし、さらに彼はよく走ることができますね。

その体格を揺らしてゴセンスは攻守にピッチを駆けまわります。上下動をいとわない献身性がある選手です。

特に攻撃時には敵陣のゴール前まで進入することが多いです。チームの戦術的な理由もあるでしょうが、この思い切った積極性が良いですね。

そんな中でも守備時には自陣の最終ライン、あるいはその前を埋めます。この運動量も彼が評価されるポイントでしょう。

加えてゴセンスは、本職サイドバックの選手でありながらシュートの技術も高いです。2019-20はセリエAで9得点をマーク。ウイングバックなんですけどスゴイですね。

ウインガーのような得点力です。外からのミドルシュートも要警戒ですが、彼はサイズもあるのでセットプレーでも危険な存在でしょう。

↓ストライカー然。

クロスの精度が良い

前述のようにシュートが上手いゴセンスはキックの技術自体が高いものと思います。オーバーラップして中央に上げるクロスも良質です。

クロスを上げさせないように潰そうとしても、彼には強さがあるので簡単には潰されません。前にボールを持ち運ぶ推進力もありますね。

なんとかスペースを埋めて、フリーでクロスを上げさせるのだけは防ぎたいと対峙する相手は思っていることでしょう。

↓ゴールも痛快ですが、クロスを上げたのがゴセンスです。

フィジカルを生かした守備

攻撃的な部分の貢献が大きいゴセンスですが、ディフェンス能力もなかなか安定しています。体格がありつつもかなりの距離を走れる運動量もありますからね。

中でも、サイドの選手でありながら空中戦に強いのは注目すべきポイントでしょう。サイドバック、ウイングバックの選手で184センチは大型の部類です。

小柄なサイドバックだと空中戦で狙われることがありますので、ゴセンスのサイズを含めたフィジカル能力は頼りになります。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はアタランタ所属でドイツ代表、ロビン・ゴセンスのプレースタイルなどを紹介しました。

2018-19にアタランタはカンピオナートの3位フィニッシュに加えて、コッパ・イタリアで決勝に進む躍進を遂げました。この勢いはまだまだ止まらないでしょう。

ゴセンスにも引き続き攻守でハードワークを続けてチームの勝利に貢献してほしいですね。いずれは代表で常連の選手になるかもしれません。期待しています。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



ITA アタランタ
芝の上の決闘~ガンマン達を見逃すな~