ローマ所属アレッサンドロ・フロレンツィのプレースタイル!イタリア代表

ITA

この記事でわかること

今回はローマ所属で、イタリア代表DFのアレッサンドロ・フロレンツィを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じポジションで活躍する選手の記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/419073.htmlhttps://www.transfermarkt.com/alessandro-florenzi/profil/spieler/130365 )

A・フロレンツィの経歴

アレッサンドロ・フロレンツィ(Alessandro Florenzi)は1991年の3月、イタリアのローマで生まれました。筋金入りのローマっ子ですね。

フロレンツィの父親もかつてサッカーをしており、イタリアで6部相当のチームでプレーしていました。

その父親もロマニスタ(ASローマのファン)で、フロレンツィが5~6歳の頃にはスタディオ・オリンピコ(ローマのホームスタジアム)に連れて行ってくれたそうです。

小学校の友達・アレッサンドロ君はラッツィアーレ(ラツィオファン)で、フロレンツィをラツィオファンに転向させようと試みていましたがフロレンツィ・パパが阻止したという逸話もあります。

フロレンツィは2つのユースクラブを経て2002年からローマのユースに所属しています。ちなみにローマが最後にスクデットを獲ったのは2001年のこと。

ローマのユースでフロレンツィは順調に成長し、2010-11にはユースリーグでリーグ優勝を経験します。ちなみにその時の監督はダニエレの父親、アルベルト・デ・ロッシ。

さらに同2010-11にローマでトップデビューも飾ります。フロレンツィがボールボーイだったころからのアイドル、F・トッティとの交代出場でしたから夢のようだったでしょうな。

翌2011-12はセリエBのクロトーネへ期限付き移籍します。そこではリーグ戦の35試合に出場して11得点という際立った活躍を見せ、シーズン終了後にローマへ復帰。

それ以来ローマの主力選手として君臨し、復帰した2012-13からセリエAで36試合に出場するなどしています。健康体であればチームに欠かせない存在です。

F・トッティとD・デ・ロッシが退団したので、フロレンツィにもローマのアイドルになってほしいですね。いわゆるバンディエラというやつです。

イタリア代表にはU-20から召集されています。A代表デビューは2012年11月の親善試合フランス戦です。主要大会ではEURO2016から出場し、イタリアのベスト8に貢献。

A・フロレンツィのプレースタイル

ハードに守備をこなせるSB

そんなアレッサンドロ・フロレンツィのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。基本は右サイドバックです。利き足は右

右サイドであれば中盤のウイングバックや前線のウイングポジションまで対応するほか、中盤のセンターハーフにも入ることができます。

フロレンツィの身長は173センチです。遠目に見ても小柄なことがわかると思いますが、締まった体格をしていてフィジカル的なデメリットは高さくらいでは。

フロレンツィの特徴として外せないのが、その試合を通した圧倒的な運動量です。試合終盤でも涼しい顔をしてスプリントしています。内心は辛いのかもしれませんが。

攻守で運動量を発揮しますが、やはりサイドバックの選手なので試合を通してディフェンスでの貢献が大きいですね。

スピードにも優れている選手なので、相手からカウンターを受けるシチュエーションなどでもスプリントしてカウンターを阻止してくれます。守備範囲も広い。

疲れが顕著に出る試合終盤でも見せるこうした守備のハードワークは、さすがイタリア人といったところ。それでいてまた攻撃参加してくれます。

自陣に引いた守備の際にもフロレンツィはタフなディフェンスを見せます。深いスライディングを繰り出す球際の強さも魅力ですね。

ポジショニングも良く、逆サイドからのクロスに対して的確に中央へ絞って対応する姿も頻繁に見ることができます。

また、身長は低いですが空中戦で思いっきり相手に当たっていくシーンも見られます。勝てなくても相手を自由にさせないという意味では大事なプレーです。

攻撃では前への推進力も発揮

前述のようなフロレンツィの運動量とスピードは攻撃参加するときにも発揮されます。彼の攻撃力も大きな魅力ですね。

サイドで相手からボールを奪うとフロレンツィは自らドリブルで持ち上がることがよくあります。スタミナとスピードを生かしたドリブルでの推進力も彼の持ち味です。

トリッキーなフェイントを多様するわけではありませんが、小柄なわりに接触プレーにも強いので簡単には潰されずにボールを運べます。

加えて、空いたスペースを突いてからゴール前に上げるクロスも精度が高いです。前線にターゲットとなる選手がいれば、一気にチャンスを広げられますね。

時折放つシュートも強烈

フロレンツィのキック精度はシュートにも生かされています。中央寄りに入り込んでボールを受け、そこから放つミドルシュートは威力十分

回転をかけて巻いたシュートよりは、ストレート系スピードボールのイメージがあります。パワーのあるシュートは意外性もあり、引いて守る相手にも有効ですね。

そういった攻撃参加の後に、颯爽と持ち場のディフェンスラインに戻るフロレンツィの姿はもはや職人です。攻守にわたるハードワーク、味があります。

↓時にはこんなスーパーゴールも。油断のならぬ選手。

今回のまとめ

今回はローマ所属で、イタリア代表アレッサンドロ・フロレンツィのプレースタイルなどを紹介しました。

ローマは2018-19のセリエAを6位で終えています。資金的に余裕がない中、意外にも2019-20開幕前は補強と放出を積極的に行いました。

2019-20のセリエAは4位以内でのフィニッシュがタスクです。ヨーロッパリーグや国内カップ戦でもフロレンツィに攻守で活躍してもらえると嬉しいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました