チェルシー所属オリビエ・ジルーのプレースタイル!フランス代表

ENG

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はチェルシー所属で、フランス代表フォワードのオリビエ・ジルーを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/417916.htmlhttps://www.transfermarkt.com/olivier-giroud/profil/spieler/82442 )

スポンサーリンク

オリビエ・ジルーの経歴

オリビエ・ジルー(Olivier Giroud)は1986年の9月に、フランスのシャンベリーで生まれました。フランス東部で、スイスやイタリアに近い街ですね。

ジルーがは1992年からフロージュOCのユースに所属していました。その後1999年にグルノーブルへ移籍し2005-06にトップデビュー。

その後トゥールFCを経て2010-11にモンペリエへ移籍します。主力として躍動し、2010-11はリーグ1で37試合12得点。2011-12は36試合で21得点の活躍で優勝に貢献しました。

2012-13にイングランドのアーセナルへ移籍しました。2012-13からプレミアリーグ34試合に出場すると、2015-16には同38試合に出場して16得点を記録。

38試合だとリーグ戦の全試合に出場していることになりますね。加入以降はFAカップを3回優勝しています。

2017-18冬の移籍市場でチェルシーへ移籍します。ロンドンのライバルクラブへの移籍ということでちょっと驚きました。

2018-19はプレミアリーグ27試合に出場。さらにヨーロッパリーグで優勝を達成しました。決勝はジルーの古巣アーセナルが相手でしたね。

フランスA代表ではEURO2012から出場しています。EURO2016では準優勝、2018ワールドカップでは得点こそありませんでしたが前線のターゲットとして優勝を達成しました。

スポンサーリンク

O・ジルーのプレースタイル

ポストプレーが上手い

そんなオリビエ・ジルーのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。専門的に真ん中のセンターフォワードを務めます。利き足は左のレフティー。

ジルーの身長は193センチです。ゴール前で圧倒的な存在感を放つサイズがありますし、強力なパワーも有しています。胸板も厚いです。

そのため、ジルーは接触プレーへの強さが非常に魅力的な選手です。彼が正当なフィジカルコンタクトで力負けすることは稀でしょうね。

その強靭な体躯を生かしたポストプレーが彼の特徴に挙げられるでしょう。ゴールに背を向けた状態で、ディフェンダーを背中でブロックしながらボールキープするのが上手。

ジルーがボールを保持している間に周囲の味方が動き出し、その味方にジルーがボールをさばくのが良いですね。守備側はジルーに気を取られますから。

なおかつ、ジルーは色々な場所でポストプレーに身体を張ってくれます。ゴール近辺はもちろん、後方からのロングボールをおさめられるのは大きいです。

味方のカウンター攻撃などでは彼のようなポスト役がいる、いないでは攻撃が完結する確率に大きな差が出るでしょう。

落としでアシストも期待できる

ジルーはディフェンダーとぶつかり合いをしてボールをキープしてくれるわけですが、長身を生かしダイレクトで味方にボールを送るのも当然上手です。

特にゴール近辺でヘディングの落としをしてくれると得点に直結しますね。彼は味方のお膳立ても期待できる選手で、2011-12にはリーグ戦で12アシストを記録しています。

これは屈強なフィジカルを持っているだけでなく、ヘディングのコントロールや足下でボールをキープする技術があってこそでしょう。大きいだけの選手ではないんですね。

↓これぞポストプレーの神髄。ヒールパスなんていうオシャレな技も。

身体を投げ出して得点量産

ジルーは193センチありますから当然ヘディングでの得点が多いです。EURO2016開幕戦のオープニングゴールは、キーパーに競り勝ったジルーの得点でした。

ジルーは際立って俊敏なタイプの選手ではないでしょうけど、時折ダイナミックなダイビングヘッドやスライディングながらのプッシュを見せてくれます。

そういった泥臭さに似た得点感覚を持っているのはとても大事です。ボールへの予測と、得点に繋げる動きの良さを兼ね備えている選手ですね。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はチェルシー所属で、フランス代表オリビエ・ジルーのプレースタイルなどを紹介しました。

年齢的にベテランの域に達しているジルーですが、スピードで押していくストライカーではないので選手としての息は長い方だと思います。

2019-20のチェルシーはチャンピオンズリーグに復帰しますから、プレミアリーグだけでなく欧州の舞台でもジルーのパワフルなプレーに期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!