アタランタ所属ホセ・ルイス・パロミノのプレースタイル!

ITA

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はアタランタ所属ディフェンダーのホセ・ルイス・パロミノを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/645889.html https://www.transfermarkt.com/jose-luis-palomino/profil/spieler/125020 )

スポンサーリンク

J・L・パロミノの経歴

ホセ・ルイス・パロミノ(Jose Luis Palomino)は1990年の1月に、アルゼンチンのサン・ミゲル・デ・トゥクマンで生まれました。同国の内陸北部にあります。

パロミノはキャリア初期に、首都ブエノスアイレスのサン・ロレンソでプレーしていました。2008-09にはトップチームでベンチ入りしています。

2009-10にサン・ロレンソでトップデビュー。デビューから2年間は大した出番がありませんでしたが、2011-12はリーグ戦で25試合に出場と上々。

その後は2013-14のアルヘンティノス・ジュニアーズ移籍を経て、2014-15からフランスのFCメスへ加入します。この渡仏は成功だったようですね。

2014-15にリーグ1で24試合に出場すると、2015-16はリーグ2で27試合に出場。存在感を発揮します。2016-17のみブルガリアのルドゴレツでプレー。

2017-18からイタリアのアタランタに加入します。1年目はセリエAで26試合に出場しており、適応が早かったようですね。

さらに2018-19はチームの躍進にも貢献。セリエAで30試合に出場し、リーグ戦は3位フィニッシュ。コッパ・イタリアでは決勝にも進んでいます。

スポンサーリンク

J・L・パロミノのプレースタイル

対人の強さが売りのDF

そんなホセ・ルイス・パロミノのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。現在はセンターバックが本職です。利き足は左のレフティー。

レフティーということもあってキャリア初期は左サイドバックを務めることも多かった模様。ただ昨今のサイドバックに求められるタスクを考えると、センターバックが一番の気が。

パロミノの身長は188センチです。サイズに関しては十分なものを持っています。そしてフィジカルコンタクトをモノともしないパワーもあります。

そういった観点から見てみると、ある意味N・オタメンディのようなファイター系南米センターバックという感じでしょうか。

パロミノの魅力といえば、フィジカルの強さを押し出した対人対処能力の高さです。特に前に出てのボールホルダー潰しが強力ですね。

パロミノ自身が最終ラインにいても、わりと躊躇せずに前に飛び出す印象が強いです。そしてパワーを込めてフィジカルバトルを挑みます。

けっこうガツッと当たっていくことが多いので、相手のポストプレーヤーからは嫌な存在でしょうね。ハードな潰し屋という感じです。

執拗なマークで相手を追い出す

前述のように対人の強さが特徴のパロミノですが、ただパワフルに当たっていくだけでなく良い意味でマンマークがしつこいです。

相手が後ろ向きになってゴールに背を向けても、持ち場に戻らずプレスを続けることが多いですね。もちろんチームの戦術の影響もあるでしょう。

ボールを奪いきれれば多少ドリブルで持ち運ぶも良し、前線にボールを送り込みカウンター攻撃の起点になっても良しです。

ボールの奪取に失敗してもファウルしてでも止める傾向が強い印象もあります。そのためファウルは多めですが、それが自身のタスクだと割り切っているでしょう。

そこそこの攻撃力

対人の強さをセールスポイントにしているパロミノの攻撃力はどうでしょうか。管理人の印象では、そこまで攻撃への貢献は大きくないかな、という感じです。

正確なロングフィードのイメージよりは最後尾からパスを展開する方が彼らしく、無難に後方から中盤にボールをまわしているかと。

また、先に名前を挙げたオタメンディとは違って得点数は結構少ないです。空中戦は強いと思いますが、得点センスには個人差が出るものですからしょうがない。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はアタランタ所属、ホセ・ルイス・パロミノのプレースタイルなどを紹介しました。

歴史的にはプロビンチャ、いわゆる地方の中小クラブに分類されるであろうアタランタですが、近年は躍進を見せています。パロミノの貢献も大きいはず。

このまま育成やコンペティションの賞金でクラブ規模を拡大していけば持続的にビッグクラブを脅かすことができるでしょう、パロミノにも期待しています。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました