パリ・サン=ジェルマン所属マルコ・ヴェラッティのプレースタイル!イタリア代表

FRA

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はパリ・サン=ジェルマン所属で、イタリア代表ミッドフィルダーのマルコ・ヴェラッティを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/417804.htmlhttps://www.transfermarkt.com/marco-verratti/profil/spieler/102558 )

スポンサーリンク

マルコ・ヴェラッティの経歴

マルコ・ヴェラッティ(Marco Verratti)は1992年の11月に、イタリアのペスカーラで生まれました。ペスカーラは「長靴」のふくらはぎあたりに位置している海沿いの街です。

ヴェラッティはユース時代から地元チームのペスカーラでプレーしていました。2008年にペスカーラでトップデビューします。

デビューシーズンと2年目はリーグ戦で1ケタの試合出場しかありませんでした。3年目は28試合に出場すると、4年目の2011-12シーズンは31試合に出場します。

若手ながら着実に力を付けて、主力レベルに定着していたことがわかります。そんなヴェラッティの活躍は海外からも注目されていたようです。

2012-13シーズンからフランスのパリSGに加入します。かなりのステップアップですね。中小クラブのペスカーラからすると経営面から考えても放出するしかなかったんですかね。

パリでは移籍直後から活躍を見せます。初年度からリーグ戦27試合に出場。2年目は29試合、3年目の2014-15シーズンもさらに出場機会を増やして32試合に出場します。

以降も中盤のバランサーとしてパリで活躍し続けています。主力級の選手であり、他のクラブにも注視されていることは間違いないでしょう。

イタリア代表にはU-19から召集されています。A代表の主要大会には2014ワールドカップから出場しています。EURO2016は負傷で出場できず。

2018ワールドカップはイタリアもオランダも本大会に出場できませんでしたねぇ。欧州列強のプライドをかけた復活劇にも注目ですな。

スポンサーリンク

マルコ・ヴェラッティのプレースタイル

中盤で戦う小柄なファイター

そんなマルコ・ヴェラッティのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。そのなかでも中央のセンターハーフとして活動します。

チームのフォーメーションによって、下がりめのアンカーや攻撃的ミッドフィルダーにも入りますね。利き足は右足です。

ヴェラッティの身長は165センチとかなり小柄な選手です。個人的な興味でデンマーク人DFのJ・ヴェスターゴーア(199センチ)と並んでみて欲しい。

サイズには恵まれていないという言い方ができるかもしれませんが、ヴェラッティはそんなことおかまいなしに中盤でハードワークできる選手です。

彼の特徴はその守備力です。チームの中盤に強さをプラスできる、「潰し屋」のようなハードタックルが持ち味です。

小柄なので肩でぶつかるのは分が悪いというのもあるかもしれません。ショルダータックルよりもスライディングで勝負する傾向が強いと思います。

そのスライディングはかなり深いものを繰り出します。ボールはもちろん、相手の足スレスレを狙っているかなと。まあ南米とかだとこのくらいの強度は必要になってきますが。

浅めの位置をとることが多いヴェラッティですから、相手のカウンターを阻止しなければならないシーンも多いです。そんなときは彼のハードタックルが頼りになります。

もちろんボールにチャレンジできなければ確実に警告の対象になりますが、ボールを掻き出してくれることが多いですし最悪でも流れを止めることができます。

パスの散らしも正確

中盤の浅めの位置から周囲に出すパスに関しても、ヴェラッティは質の良いものを持っています。ボールを散らせる選手なんですね。

視野が広く、局面を変えるロングパスや周囲を確認して繋ぐショートパスは見ていて安心感がありますね。サイドチェンジなどの長めのパスが特に上手

得点のアシストはそこまで多くないかもしれませんが、テンポを変えるような攻撃のスイッチを入れるパスも出すことがあります。

ボールを奪取する機会が多いヴェラッティですから、自ら攻撃の始点になることも少なくありません。相手に囲まれた際のボールキープも得意です。

小柄ではありますが体幹がしっかりしているんだと思います。簡単には潰されず、フリーの味方を見つけてパスを繋ぐことができますね。

攻撃時には自重した立ち位置

基本ポジションが中盤センターのヴェラッティは、ペナルティエリア内に進入する機会は少なめではないでしょうか。ゴール前で自分も得点を、という感じではないと思います。

自身の役割を考えてあえて低めのポジションを取っていると思われますが、前線にタレントが多いチームだとそれで十分機能します。

ポジションを上げるにしてもペナルティエリア内よりサイドに流れる機会の方が多そうです。サイドで数的優位を作り攻撃を活性化させようとしているんですね。

けっこうキレやすい

えー、これは大きな課題ですね。怒りを抑えるの苦手なようで、審判に食ってかかって警告や退場になることがあります。その熱さを良い方向に向けられれば良いのですが。

加えて、ハードタックルが悪質なものととらえられて警告を受ける回数も多いですね。同胞の生けるレジェンド、D・デ・ロッシの若いころを見ているよう。

参考までにヴェラッティとデ・ロッシ、そして狂犬と悪名高いブラジル人フェリペ・メロの警告が多かったシーズンのカード枚数を調べてみました。全員が本職中盤の選手ですね。

デ・ロッシ→2007-08シーズン、51試合で15枚

ヴェラッティ→2014-15シーズン、48試合で18枚

フェリペ・メロ→2017-18シーズン、37試合で19枚+レッドカード1枚

ヴェラッティはデ・ロッシ越えしてました。おめでとう。ただ、狂犬フェリペ・メロがやばすぎるということも同時にわかりました。接近注意。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はパリ・サン=ジェルマン所属で、イタリア代表マルコ・ヴェラッティのプレースタイルなどを紹介しました。

ようやく中堅と呼ばれる年齢に入っていきたヴェラッティ。攻撃的なパリの中盤をハードなディフェンスで支えてほしいですね。

また、イタリア代表の復活にも期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました