チェルシー所属セサル・アスピリクエタのプレースタイル!スペイン代表

イングランド・プレミアリーグ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はチェルシー所属で、スペイン代表ディフェンダーのセサル・アスピリクエタを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416240.htmlhttps://www.transfermarkt.com/cesar-azpilicueta/profil/spieler/57500 )

スポンサーリンク

セサル・アスピリクエタの経歴

セサル・アスピリクエタ(Cesar Azpilicueta)は1989年の8月に、スペインのパンプローナで生まれました。スペイン北部、フランスとの国境近くの街です。

アスピリクエタは地元クラブ、CAオサスナのカンテラ出身です。2006-07にBチームへ昇格し、リーグ戦で24試合に出場していました。

Bチーム所属時にトップチームへ招集されて出場経験もありましたが、2007-08にオサスナでトップ登録されます。

デビューした年からラ・リーガで29試合に出場すると、2008-09には36試合に出場しています。若手ながら主力として活躍していたんですね。

2010-11からフランスのマルセイユに加入。スペイン国外からも注目されていたのがわかります。初年度はリーグ1で15試合の出場にとどまりますが、2011-12は30試合に出場していました。

2012年8月にイングランドのチェルシーへ移籍します。2012-13のリーグ戦はマルセイユで2試合、チェルシーに移籍してから27試合に出場しました。

加入当初から多くの出場機会を得ていたアスピリクエタですが、2015-16にもっと出場を増やしてプレミアリーグで37試合、2016-17には38試合に出場。38試合はリーグ戦全部です。

その2016-17を含めてプレミアリーグは2度制覇し、ヨーロッパリーグも2回の優勝を経験。FAカップとリーグカップも1回ずつ優勝しています。

スペイン代表にはU-16から継続的に召集されています。A代表の主要大会は2014ワールドカップから出場。オランダに大敗した初戦も今は懐かしい記憶。

スポンサーリンク

セサル・アスピリクエタのプレースタイル

クロス精度に優れたDF

そんなセサル・アスピリクエタのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。右サイドバックを本職にしていますが、最終ラインならどこでも対応します。利き足は右

アスピリクエタの身長は178センチです。サイドバックとしては決して小さくないサイズを有しているのではないでしょうか。

アスピリクエタの特徴には、右足から放つ質の良いクロスが挙げられます。多少の距離があっても、中央の良い場所にボールを送ることができますね。

そこまで攻撃的に深い位置へ進入していくタイプのサイドバックではないと思いますが、浅い位置からでもチャンスボールを送れるのはリスク回避の意味でも重要です。

その浅い位置から送るアーリークロスはアスピリクエタも得意としているのでは。相手のディフェンスラインとキーパーの間へ目がけてクロスを送ります。

右サイドから右足でインスイングのクロスを上げるとキーパーから逃げる軌道になりますので、相手チームも対処しづらく味方のフォワードも頭で合わせやすいですね。

有用性がある堅実な守備

前述のように、アスピリクエタはディフェンスラインのどの位置にも対応することができます。片側のサイドバックだけでなく両側となると、高い戦術理解度がうかがえますね。

アスピリクエタは身体能力で押していくタイプのディフェンダーではないと思います。その分、堅実なタックルやマンマークで勝負している印象です。

絶対的なフィジカルはなくても相手選手には肩でしっかりぶつかっていきますし、ハードに戦える選手です。

そういった観点から、本職がサイドバックの選手の中ではディフェンダーとしての評価は高いです。キャプテンを務められるリーダーシップも好印象。

CBとしては身長がネック

アスピリクエタの身長は178センチで、サイドバックとしてはまずまずの体格ということができるでしょう。ただ、中央のセンターバックとしては少し物足りないと思います。

特にセットプレーの守備では、勢いをつけて飛び込んでくる相手の長身選手には分が悪くなりがちです。上に乗られるような格好になると苦しいですね。

センターバックにも対応する選手ではありますが、相棒のセンターバックや中盤の選手などのフォローがないと時には苦戦を強いられることになりそうですね。

そういった意味合いでは、逆に3バックの右は相性が良いのかもしれません。コンテ監督の下ではそれでリーグ優勝していましたし。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はチェルシー所属で、スペイン代表セサル・アスピリクエタのプレースタイルなどを紹介しました。

2019-20開幕前にチェルシーからはダビド・ルイスが退団し、より一層若手が多いチームになりました。その中でベテランの役割は大きくなります。

若い選手が出す勢いに加えて、経験豊かな選手が安定感をプラスすればチェルシーは台風の目になれると思います。アスピリクエタの味のあるプレーに注目です。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!