バイエルン・ミュンヘン所属ヨシュア・キミッヒのプレースタイル!ドイツ代表

GER

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバイエルン・ミュンヘン所属で、ドイツ代表ディフェンダーのヨシュア・キミッヒを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/418358.htmlhttps://www.transfermarkt.com/joshua-kimmich/profil/spieler/161056 )

スポンサーリンク

ヨシュア・キミッヒの経歴

ヨシュア・キミッヒ(Joshua Kimmich)は1995年の2月に、ドイツのロットバイルで生まれました。ドイツ南西部で、フランスやスイスに近い街です。

少年期のキミッヒは2007年6月までVfBベジンゲンのユースに所属していました。そこからシュツットガルトに移籍しています。

シュツットガルトでU-19までの育成年代をプレーし、2013-14からはRBライプツィヒへ加入します。当時3部所属のライプツィヒも良い選手に目を付けました。

デビューシーズンの2013-14はドイツ3部でリーグ戦26試合に出場。翌シーズンからの2部昇格にも貢献しています。

2年目の2014-15も良いパフォーマンスを見せ、2部でリーグ戦27試合に出場しました。トップデビューから2年連続でこの出場試合数は大したものですね。

2015-16にバイエルンへ移籍します。キミッヒにとってブンデスリーガ1部は初挑戦だったわけですが、2015-16からリーグ戦23試合に出場となかなか。

ドイツ屈指のビッグクラブでも問題なくプレーできることを証明したキミッヒは出場時間を伸ばしていき、2016-17はブンデスリーガで27試合6得点の活躍。

2018-19もクラブが世代交代を進める中で存在感を増し、ブンデスリーガ34試合に出場しました。今や欧州の中でも最高レベルのサイドバックでしょう。

ドイツ代表にはU-17からコンスタントに招集されています。A代表の主要大会ではEURO2016から出場。以降は代表でも不動の主力選手になっています。

スポンサーリンク

J・キミッヒのプレースタイル

プレーエリアの広さが魅力

そんなヨシュア・キミッヒのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。本職は右サイドバックです。利き足は右

またキミッヒは中央のセンターバックに入れるほか、ミッドフィルダーとしても質の高いプレーを見せます。

中盤では中央のセンターハーフや下がりめの守備的ミッドフィルダー、右サイドハーフに対応。多くのポジションを務められる選手ですね。

それらのポジションでキミッヒが頻繁に担当するのは、本職である右サイドバックとセンターハーフでしょう。(フォーメーションによっては守備的MF)

その両ポジションはは守備にも攻撃にも走らなければならないタスクを負っているため、かなりの運動量を求められます。

キミッヒはスタミナに優れていて、過密日程の中でも豊富な運動量を発揮して質の高いプレーを見せてくれます。

サイドバックとして自陣のゴールライン際でのプレーはもちろん、敵陣内の深い位置までオーバーラップしてゴール前にクロスを供給します。

また、サイドバックのわりにはピッチの内側を動くインナーラップもよく使う印象があります。相手の守備陣はマークの受け渡しに混乱することでしょう。

センターハーフとしてもピッチの様々な場所に顔を出し、パスの散らしや相手カウンターへの対処を担ってくれます。時にはゴール前まで進入することも。

各ポジションで攻守に高い貢献をバランス良く見せてくれることが、キミッヒ最大の魅力なのではないでしょうか。

守備でも身体を張れる

キミッヒの身長は176センチです。決して大きい方ではありませんが、サイドバックとしては標準的なサイズだと思います。

大柄な選手の中にいると小さく見えてしまうキミッヒですが、ディフェンスではハードに戦うことができる選手です。

際立ってフィジカルコンタクトに強くはないと思いますが、避けづらい深いスライディングや素早いボールへのアプローチを見せますね。

クールそうに見えますが闘志を押し出してプレーすることもあり、そのあたりも守備でのハードなプレーぶりが垣間見える気がします。

パスの正確性も良し

サイドバックやセンターハーフとしてプレーするからには、運動量と同じくらいキックの正確性も重要視されますね。

ショートパスはもちろん、キミッヒはロングボールの精度も高くチームの攻撃において重要なピースになっています。

後方から前線に長いパスを送るというよりは、自らも高い位置に上がってゴール前に良質なクロスボールを送るのがキミッヒらしくて良いですね。

頻度は高くありませんが強烈なシュートも持ち合わせています。実に多才な選手ですな。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバイエルン・ミュンヘン所属でドイツ代表、ヨシュア・キミッヒのプレースタイルなどを紹介しました。

2018-19を最後にバイエルンからはラフィーニャやM・フンメルスが退団し、入れ替わりでB・パバールやL・エルナンデスら新戦力が加わっています。

最終ラインはかなりの人員移動があり、キミッヒも対応に苦労するでしょう。とはいえ国内では随一のビッグクラブですから、ぜひ2013年以来のビッグタイトル3冠を目指してほしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました