バイエルン・ミュンヘン所属ロベルト・レバンドフスキのプレースタイル!ポーランド代表

GER

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバイエルン・ミュンヘン所属で、ポーランド代表FWのロベルト・レバンドフスキを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/418966.htmlhttps://www.transfermarkt.com/robert-lewandowski/profil/spieler/38253 )

スポンサーリンク

ロベルト・レバンドフスキの経歴

ロベルト・レバンドフスキ(Robert Lewandowski)は1988年の8月に、ポーランドのワルシャワで生まれました。同国の首都ですね。

レバンドフスキは複数のユースチームを渡り歩いたのちに2005年初めからデルタ・ワルシャワに加入。そして2005-06の開幕前にはレギア・ワルシャワに移籍。

2006-07にズニチュプルシュクフへ加入します。移籍2年目のリーグ戦で32試合21得点という活躍をし、2008-09からレフ・ポズナンに移籍

初年度からリーグ戦30試合14得点を記録し、2年目の2009-10には28試合18得点という素晴らしい得点力を発揮します。これが国外チームの目を引いたわけですね。

2010-11からドイツのドルトムントへ移籍します。初年度からリーグ33試合に出場し、チームからの期待感がうかがえます。翌年からはエースストライカーに。

2011-12から2013-14までの3シーズンは、ブンデスリーガにおいて3年連続で30試合以上に出場20ゴール以上を記録しています。チームの主砲ですな。

そんな得点能力で、2010-11と2011-12のリーグ2連覇に大きく貢献しました。

2014-15からバイエルン・ミュンヘンに移籍します。ドルトムント→バイエルンへの移籍コースはおなじみになってますね。ドルトムントファンは嫌でしょうけど。

移籍後すぐに主砲として君臨。2015-16と2016-17は2年連続でブンデスリーガ30得点を記録。モンスター級の得点力をいかんなく発揮しています。

ポーランド代表にはU-21から召集されています。A代表のメジャー大会ではEURO2012が初参戦です。2018ワールドカップはグループステージで日本とも当たりましたね。

スポンサーリンク

ロベルト・レバンドフスキのプレースタイル

高い身体能力の万能FW

そんなロベルト・レバンドフスキのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。ほぼ専門的に中央のセンターフォワードを務めます。利き足は右

レバンドフスキの身長は185センチです。フォワードとしては十分な身長がありますね。そしてサイズだけでなく身体能力も非常に高いです。

まず跳躍力に優れていて、ヘディングにとても強いです。空中戦では身長以上の存在感を発揮しています。技術的な頭への合わせ方も上手なのでしょう。

彼は跳躍力に加えてジャンプするタイミングのとり方も良いんだと思います。相手ディフェンダーの上に乗っかってしまうくらい競り合いに強いです。

それでいて難しい体勢からのダイビングヘッドでも得点を取ってしまうあたりは、感覚的なものも大きいかもしれませんね。

また、レバンドフスキは一定水準以上のスピードも備えています。一瞬のスピードでディフェンスラインの背後に抜け出すのも得意です。

相手のディフェンダーとの駆け引きは常に意識していると思います。スペースでボールを受けるのが得意な選手ですね。

反対に足下でボールを受けるポストプレーはそこまで多くはないかもしれませんが、時には低い位置に下りてボールを受けます。戦況によって変えるものかと。

どんな体勢からもシュートを狙う

前述のようなヘディングの強さもありますが、レバンドフスキはどんな状況でも得点を取ることを意識しています。そしてそれを可能にしてしまいます。

非常に正確なシュートを備えているのはもちろん、ゴール前での冷静さは抜群ですね。相手キーパーの逆を突くようなシュートでも彼にとっては朝飯前のように見えてしまいます。

キーパーが飛び出してくる場合にはいとも簡単に軽く浮かせたループシュートを放ちます。けっこう難しいんですけどね。

また、常にゴールの位置を念頭に置いているのでしょう。ゴールに背を向けた状態から振り向きざまのシュートなんかも打ちます。「ゴール見えてなかったでしょ?」と質問したくなりますね。

↓難度の高い、タイミングを外したボレーも朝飯前。

ディフェンスへの注力はいまいち

守備面では優遇されているのか、守備に関して積極的には見えないですね。攻め残りしていることも多いです。

それでも得点でチームに貢献しているので、監督やチームメイトとしてもOKなんだと思います。特権ですね。

スタミナを使いすぎるとシュートの際に足が踏ん張れなくなりますから、まあしょうがないといえばそうなのかも。意見は分かれそうですね。

ただトレーニング中ディフェンスに注力しなかったため、M・フンメルスと言い合いになったことがあるとかないとか。

↓脱ぎたがり。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバイエルン・ミュンヘン所属で、ポーランド代表ロベルト・レバンドフスキのプレースタイルなどを紹介しました。

ドイツ国内では圧倒的な強さを誇るバイエルンですが、チャンピオンズリーグですと2013年の優勝以来なかなか結果が出ていません。

レバンドフスキ加入後は決勝に進めてないんですよね。新シーズンはレバンドフスキがバイエルンをCL優勝に導くことができるのかにも注目してみましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました